2017年8月6日日曜日

コレステロール・ジッパータブ交換・シャボン玉大会・ポケモン映画・キーレス修理

自他ともに認めるPH(Perfect Human)である小生にも欠点はある。そう、それはLDLーコレステロール値が高いこと。今回の検診で「要精検(140以上)」が出てしまった。っていうか、よく見ると中性脂肪も経過観察になってる。

右から、H25年~H28年の値。H25年に精検をやったのだろう(記憶がない)。それから数値は下がって、経過観察レベル(120~139)に入っていたが、今年になったまさかのワースト記録を更新した。もう長くはないと思う。

長年愛用しているポーターの3wayバッグ(ショルダー+手持ち+リュック)はジッパーの摘みについてるタグがところどころ破れて、綴り紐とかで胡麻化している。

でも、あまりにも破れている箇所が多くなってきて、見た目もさることながら、使用に支障が出てきた。

というわけで、Amazonでノーブランドの摘み(ジッパータブと言うらしい)を買った(10本入り980円くらい)。

めっちゃ摘まみ易い。早く換えればよかった。何故かこの手の修繕系の作業は満足度が高い。しばらく悦に浸ってしまう。

見た目も少しオタクっぽくなっていい感じ。

ちなみにこのバッグは15年以上断続的に使っているが、ジッパータブが破れた以外は何も支障がない。きっと、同ブランドのタンカーというシリーズから派生した商品のような気がする(タグにあるWORK-SPORTS-TRIPというのがシリーズ名?)。タンカーは米軍のフライトジャケットMA-1の生地をヒントにした素材が使われていて、ナイロンだけど非常に柔らかくて耐久性がある。このバッグも裏地こそタンカーシリーズのようにオレンジ色ではないが、同様の素材だと思う。TUMI等のバッグに使われるバリスティック・ナイロン(防弾チョッキに使われる素材)とかと違って、見た目は頼りないが軽くて丈夫。

土曜はシャボン玉大会。

電動シャボン玉生成マシン。

こちらはご近所の男の子が数年前に自由研究で作ったシャボン玉生成マシン。どこかの賞を獲ったらしく、完成度は高い。

数学的には、円柱状のシャボン玉は長さが半径の2π倍以上になると千切れる運命にある(Rayleigh-Plateau不安定性)が、外部要因によって一時的に千切れないでいる長いシャボン玉の写真。例年、子供はシャボン玉、大人は飲みだが、イマイチ人数も集まらない。が、今年は異様に人が集まって、最後は花火までやった。

本日はポケモン映画を鑑賞。「君に決めた!」と「***ゲットだぜ!」の正しい使い方を学ぶ。そして、*カチューが喋って怖かった(ネタばれ)。

ポンコツKのキーレス。

樹脂が劣化して結合部分がかけており、ちょっとしたことで直ぐバラバラになる。

しょうがないので非純正のブランク・キーをネットで買ってみた(千円弱)。といっても、スペアをつくるとまた金がかかるので、使うのは右上のカバーだけ。

カバーは何とか古いキーにハマった。

買ったものが純正品と微妙に形状が違うので、少し浮いてしまうが、バラバラになることはなくなった気がする。しばらくコレで様子を見ることにする。もしダメならスペアを作るしかない。これも修繕系だけど、満足感は限りなくゼロに近い。っていうかマイナス。

2017年8月2日水曜日

ビール・期末試験・鳥海山・花壇・桃・財布

ルービーの差し入れ。

今日で期末試験が終了。最近は作題が瞬速でできるようになった。Mathematicaが活躍する。組版は山中さん(阪大の科研費マクロを作っている御方)が提供しているLaTeXの試験用スタイルファイル(qexam.sty)を使用。黄金セット。

aktキャンパスからの帰り、夕日に染まる鳥海山を発見。

稲の緑がピーク。

稲・鳥海山・大学のコラボ。

月+鳥+稲+鳥海山+大学。

大学のアップ。

大学の近くの花壇。




ymnの親戚から桃が送られてきた。

日本一の桃の里「一宮町」。

財布をゲト。

エエ財布。

数年前、yktふるさと村で財布を紛失して、自戒の意味を込めて、女物の財布を使っていたが、あまりのダサさに耐えきれなくなり、ネットで左のヤツ(革だけど超安物)を買った。でも今度は安物過ぎて、直ぐに壊れた。今回ゲトしたのは吉田*バンのヤツなので耐久性に期待したい。今使っている同ブランドの鞄は10年以上断続的に経っている。またなくさないよう、Loftで買ったヒモを付けた。

2017年7月30日日曜日

鹿角・ザブーン

7月29~30日の日程で鹿角へ旅行。途中、休憩で寄った能代の道の駅「きみまちの里」。トイレが怪しい雰囲気。

3年連続のような気がする。ホテル鹿角に親戚が仕事で来るので招待してくれる。


こういうイベントに参加して、好きなだけ飲み食いできる。

ホテルに着いた途端、ツーケーがリービーした。ギリギリまで攻めるこのポジションは大切にしたい。

親戚のおじさんが泊まっている部屋はリッチでモンド。でも、以前泊まらせてもらったところ程ではない。

檜風呂付き。

ホテルの前には来年の3月頃、道の駅ができるそう。

宴会の会場入り口付近に飾ってある風船のオブジェ。

椰子の木。宴会の抽選会に当選すると、これらをもらえる。

解体ショー用のマグロ。体重がオイラと同じ。


解体ショーが開始。

当たった。

当たってないけど顔馴染みなのでもらった。

2日目は帰るだけなので、屋外で遊べる「ウゴカス」というイベント開催中のザ・ブーンへ寄った。

2017年7月28日金曜日

悲報・プログラム解読・菖蒲祭り・ハンドスピナー

最近、小生の分野に近いところで将来を嘱望されていた研究者が30代前半で亡くなってしまった(死因は不明)。大規模シミュレーションのプログラムを数行で済ませることができるという言語の開発をしていてらしく、成果も出始めていたようだった。会ったことはなかったが噂にはよく聞いていた(テレビやTEDみたいなのにも出てた)ので、かなりショッキング。

---

最近、小生と同じ分野のかなり優秀な若手が民間企業に就職してしまったという話を聞いた。小生が陸の孤島にいるので数ヶ月気づかなかった。優秀過ぎると、いろいろと先が見えてしまうのだろうか。ブッチギリに優秀か、よほど忍耐強いか、ボチボチだけど空気を読まない単細胞(オレ?)とかじゃないと難しいのかも知れない。彼はブッチギリに見えたが・・・。業界の損失である。

---

今やっている研究は二点境界値問題(常微分方程式)を解かなければならない。通常はシューティングで事足りるが、(今の問題にはsonic pointという特異な点があるため)共同研究者が別の方法がよいというアドバイスをどこかの研究会でもらってきたので、一生懸命勉強している。まあ実際は、もう1人の共同研究者がバリバリ進めてくれているので、彼が書いたコードをセコセコ解読しているだけなのだが。それにしても、最近のUCサンタ*ーバラやケン*リッジ辺りの若手のMathematicaスキルには舌を巻く。偏微分方程式とかも普通に解いてくる(NDSolveとかではなく、普通の数値計算用コーディングで)。

今日はhnj菖蒲祭り。駅前通に屋台が出ている。


お馴染みhnjハムフライ。


地元のお嬢さま&ご婦人方によるフラダンス。

aktのご当地ヒーロー「ネイガー」のショー。武器はキリタンポとカマクラの形をした何か。

今日は隣県ymgのご当地ヒーローも応援に来た。武器はサクランボ。

hnj出身の加藤*希さんがお祭りの進行役。となりのオッサンもよくテレビとか出ている地元のタレント。

我が家にもハンドスピナーが導入された。amazonで1,500円位のやつ。レビューが星5つのを厳選した。

軽く4分超えてきた。さすが星5つ。